amazon

壮絶にスベってます!イジりにくい人がやってしまう重大なミス!

いろんなコミュニティーの人と出会っていくと、
どうもこの人イジリにくいなぁ
と思う人がいます。

彼がちょっとしたミスをしてイジると盛り上がらないだけではなく、下手するとムッとした表情になることがあります。
これはイジる側ももイジられる側もただただ損していることなので解決したい!

ということでイジりにくいキャラがなぜイジリいにくいのかを考えてみたいと思います。

イジり・イジられの面白さ

今回のテーマは「イジられにくい人がなぜイジられにくいか」を考えるということですが、
本題に入る前に、
イジり・イジられのやりとりがなぜ面白いのかを整理していきたいと思います。

笑いの基本原理

面白い話から一発ギャグ・コントまで笑いの種類はさまざま存在しますが、それら全てにおいて共通する基本原理が存在します。

それは、
受け手側が急激に違和感もしくは納得感を感じた瞬間笑ってしまう
ということです。

みなさんも今まで笑ってしまった内容を思い出してみると、そこには必ず「え!なんでだよ!!」という違和感や「なるほど・・・!」という納得感のどちらかが存在していたはずです。

このような感情の起伏を急激に起こすことが笑いの基本なのです。

イジり・イジられは何が面白いのか?

急激な違和感・納得感が笑いの基本だと説明しましたが、イジりイジられのやりとりにもこの原理は当てはまります。

イジりの指摘による笑い

まずイジりイジられによる笑いの代表的なパターンは、
イジり側のコメントがイジられ側のちょっとした間違いや恥ずかしい感情を言い当てたことによる納得感の笑いです。

単純なツッコミにも近い笑いの取り方ですが、いじられ側がちょっと恥ずかしい内容を指摘するのがポイントです。

イジられの受け身による笑い

イジりイジられのもう一つのパターンは、
イジリ側が言ったおかしなことに対していじられ側がとった受け身に納得感があった時に起きる笑いです。

イジリ側がある種行き過ぎたコメントやアクション、フリをしたことに対して、イジられ側が正しく指摘するようなやりとりになるため、
前述のパターンとは異なりイジられ側がツッコミに回るような形になります。

なぜイジりにくいのか?

さてイジリ・イジられがなぜ笑えるのかということがわかった上で、
イジリにくい人がなぜいじりにくくなってしまっているのか、
そしてなぜイジっても笑いにならないのかということを整理してみたいと思います。

根本的に嫌がっている

まずイジリにくくなる・イジリが笑いにならない一番の理由は、いじられた側本人が根本的に嫌がっているということです。

プライドが高い人だとちょっとしたミスを誰かに指摘して恥ずかしい思いをすることを、ものすごく嫌がります。
この場合だと前述のイジリ・いじられパターンのうち「指摘による笑い」は使いにくくなります。

根本的に嫌がっているというスタンスを変えてもらうのが一番の解決策ですが、「受け身による笑い」のパターンはできる可能性があるため、いじられ慣れという点も含めて「受け身を取らせてみる」というのもありかと思います。

受け身が下手・取れていない

次に笑いにならない理由として考えられるのは、イジられた側が受け身が下手だったり取れていないというものです。

指摘された時に恥ずかしさがあったりしてイジられたことに対して適切なリアクションが取れていないとき、笑いのポイントとなる納得感を作り出せていないため笑いが生まれません。

こういう時は、同じパターンのイジリ方をなんども繰り返し、受け身の取り方をパターン化させて覚えさせると笑い安くなります。
いじられた時に受け身を取ることを覚えれば、他のパターンやいきなりの無茶振りへの対応力も徐々につけていくことができるため追って受け身が取れる人になってくれるでしょう。

まとめ

今回はイジり・いじられという頻出するやりとりにおいてなぜ笑いが起きるのか、そしてイジリにくい人が存在する理由と対処法を整理してみました。

イジり・イジられの関係性が上手く築けると、それだけで会話が弾むようになるので実践していきたいです。

amazon

もっと詳しく知りたい方へ!

「結婚式のスピーチなど人前で話すタイミングで、どうにか笑いを取りたいけど面白い話がない・・・」
「イケメンでも高学歴でもないけど、面白い人とおもわれてモテたい!」

そんなあなた!
このサイトでは勉強熱心な東大生が面白くなる方法について本気で研究しています。

今なら無料で全ての研究成果を見ることができます!!

あなたも必ず面白くなれる!面白い話・面白くなる方法の最新研究結果!

「オモシロ」を一緒に考えます!!

2017年12月まで期間限定無料相談を実施中です!!

「自分の鉄板トークがほしい!!」
「結婚式のスピーチで笑いをとりたい!!」
「面接や自己紹介をうまく乗り切りたい!!」

という方は是非お気軽に以下のフォームからご応募ください。

※日程や場所についてはご相談させてください。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告