amazon

【すべらない話】「緊張の緩和」を使った絶対笑える鉄板パターンとは?【笑える話】

「面白い話を作る」能力は実は様々な場面で必要とされています。

職場・異性関係・飲み会・友人とのコミュニケーションなど様々な場面でちょっと気の利いた面白い話ができると、円滑に進むこと間違いなしです。

さらに「面白い」という感覚は明らかにポジティブな感情であるため、さらに自分の評価を上げることができます。

しかし「面白い話」を作ろう作ろうと考えてもそう簡単にできるものではありません。
闇雲に作ろうとすればするほどドツボにはまり、壮大にスベることになりかねないのです。

ですが、実は「面白い話」にはいくつかのパターンが存在し、これに当てはめて話を作ると比較的簡単に「面白い話」の骨子が出来上がるのです。

今日はその「面白い話」の鉄板パターンの一つ、緊張の緩和型トークを紹介します。

面白い話の基本原理とは?

「面白い話」はもちろんのこと、一発ギャグモノボケ大喜利あるあるとお笑いの芸の種類はさまざまありますが、面白いものには実は基本となる原理が存在します。

そんな基本原理とは「違和感・納得感理論」というものです。

これはすなわち、
聞き手側が急激な違和感もしくは納得感を感じた瞬間に笑う
というものです。

みなさんも「面白い!」と思ったと同時に、「え!なんでだよ!」と思わず言いたくなるような違和感や「なるほど!!!」というような納得感を感じたことがあるのではないでしょうか?

このように「違和感や納得感を急に感じさせること」が笑いにおいて最も重要なポイントなのです。

この理論に関してはこちらのページでも詳しく説明していますので、合わせてごらんください。

これさえ知れば笑わせられる!違和感・納得感理論!

緊張の緩和とは?

鉄板パターンに入る前に、まずは今回のキーワードである「緊張の緩和」というものについて振り返って見たいと思います。

緊張した精神状況から解放されたとき、人は笑ってしまう。

これが緊張と緩和の基本原理です。

例えば、

  • 大勢の前に立たされてスピーチを話終え、自席に戻った瞬間
  • 大事な試験の結果発表で、合格とわかった瞬間
  • 難しい問題に、ふと答えが見つかった瞬間

などが緊張が緩和された瞬間で、多くの人はここでついつい笑う・笑顔になってしまう姿が想像できると思います。

このように緊張の緩和の考え方は前述の違和感・納得感の一部として見ることができます

鉄板パターン「緊張の緩和型トーク」とは?

「緊張の緩和」と「違和感・納得感理論」を総合して見いだせる鉄板パターンが、今回紹介する「緊張の緩和型トーク」です。

これは端的にいうと以下の2点を抑える必要があります。

  • 緊張状態を作り上げる
  • 緊張状態を急激に緩和させ、違和感を感じさせる

それではこれらのポイントもう少し掘り下げて見ましょう。

緊張状態を作り上げる方法とは

緊張状態を作り上げる方法は様々存在しますが、その中でも特に簡単なのは、

  • 真剣さ
  • 怒り

の大きく2つです。

結婚式のスピーチや仕事関係など真面目な場で自分の真剣さを十二分に表現すると簡単に緊張状態は作れますし、それ以外であれば何かに対する本心が入り混じった「怒り」の感情は聞き手側をピリッとさせることができます。

急激に緩和させる方法とは

上記のように「真剣さ」や「怒り」を用いて緊張状態を作り上げたら、次に必要なのはこれらの緩和です。

これは単純に上記の方法の真逆に位置する感情を端的に表現することで成立します。

「真剣さ」であれば「ふざけ」を、「怒り」であれば「愛」「哀」「楽」などの感情をなるべく一言で表現するのです。

これらのセットができると面白い話の骨子を作ることができるのです。

まとめ

今回は「緊張の緩和型トーク」という面白い話の鉄板パターンについて紹介しました。

鉄板パターンはいくつも存在するため、単調にならず、幾つも使いこなして笑いをとっていきましょう。

amazon

もっと詳しく知りたい方へ!

「結婚式のスピーチなど人前で話すタイミングで、どうにか笑いを取りたいけど面白い話がない・・・」
「イケメンでも高学歴でもないけど、面白い人とおもわれてモテたい!」

そんなあなた!
このサイトでは勉強熱心な東大生が面白くなる方法について本気で研究しています。

今なら無料で全ての研究成果を見ることができます!!

あなたも必ず面白くなれる!面白い話・面白くなる方法の最新研究結果!

「オモシロ」を一緒に考えます!!

2017年12月まで期間限定無料相談を実施中です!!

「自分の鉄板トークがほしい!!」
「結婚式のスピーチで笑いをとりたい!!」
「面接や自己紹介をうまく乗り切りたい!!」

という方は是非お気軽に以下のフォームからご応募ください。

※日程や場所についてはご相談させてください。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告