イケメンじゃなくてもモテる方法!!究極の会話術とは!?

みなさんはモテる人ってどんな人だと思いますか?

  • イケメン
  • 高身長
  • 高収入
  • 清潔感がある
  • 真面目

などなどモテそうな特徴は様々挙げられると思います。
しかしこんな特徴が分かったところで、すぐにモテるようになることはできません。

イケメンや高身長・高収入というのはすぐに達成できることではありませんし、清潔感や真面目さに至ってはある意味最低条件であるのでこれらが整ったとしても「嫌われる」ことはないですが「モテる」ことはありません。

では「モテる」とは生まれ持っての素質なのでしょうか?

答えはNOです。

イケメンでもない高身長でもない人がモテるための究極の方法。
それは、
面白い話ができる
ということです。

この記事では以下の内容をまとめています。

  1. 面白い話ができるとなぜモテるのか?
  2. 面白い話をする方法とは?
    1. あらゆる笑いに共通する基本原理!!
    2. 面白い話を作る方法
  3. 「面白い」はモテる究極の方法

面白い話ができるとなぜモテるのか?

  • イケメン
  • 高収入
  • 高身長

など人が羨むような異性を惹きつける長所は様々存在します。
その中でなぜ「面白い話ができる」ということがより魅力的に映るのでしょうか?

異性を惹きつける特徴は、太古から色々な変遷をしてきました。
100年以上前は肉体的に強い人間がモテていましたが、ここ数年では草食系男子なり細マッチョなりで必ずしも肉体的な強さは求められなくなりました。

この変遷においてどの時代にも共通して言えることは、
生物的に繁殖できる・生存能力の高さ
そのものがモテと結びついているということです。

生物はそもそも種としての生存、繁殖を本能的に求めるため、この理論も納得できます。

そして現代において最も重要な生存能力というのが、
コミュニケーション能力
なのです。

「コミュ力」なんて言い方で敬称されますが、
物理的な危険性・不十分さが少なくなった現代では、コミュニケーション能力は就職においても、友人関係においても、生活において最も重要な能力です。

そしてこの「コミュ力」の高さを最もシンプルに表す行為が、
面白い話ができる
ということなのです。

「笑い」という感情は、人を喜ばせることができ、ごまかしがもっとも効かない感情です。

こう考えると「面白い話」ができることがいかに重要か分かっていただけると思います。

面白い話をする方法とは?

面白い話ができる=モテる
という理論は理解していただけたと思いますが、
さてこの面白い話ができるということは、自分の力でコントロールできるものなのでしょうか?

答えはYESです。

面白い話はちょっとしたコツさえ理解できれば簡単にできるようになるのです。

あらゆる笑いに共通する基本原理!!

「面白い話」の手順に入るまえに、まずは「笑い」というものの原理を説明したいと思います。

面白い話からボケツッコミ、一発ギャグ・モノボケ・大喜利などお笑いの芸として括られるのもは様々存在しますが、
それらに共通して言える笑いの基本原理というものが存在します。

それは、
違和感・納得感理論
というものです。

これは、
人が急激な違和感もしくは納得感を感じる時についつい笑ってしまう
というものです。

みなさんも笑ったことを思い出していただければ、そこには必ず「え!なんでだよ!!」という違和感か「おお!なるほど!」という納得感のどちらかが存在しているはずです。

この違和感や納得感を作れるかどうか。
それが人を笑わせるための最も重要なポイントなのです。

違和感・納得感理論について詳しく知りたい方はこちらも合わせてごらんください。

これさえ知れば笑わせられる!違和感・納得感理論

面白い話を作る方法

それでは面白い話を作る方法を説明したいと思います。

面白い話を作るための手順は簡単にいうと以下のようになります。

  1. オチとなるネタを探す
  2. 話の構成を考える

これらについて細かく解説していきます。

オチとなるネタを探す

オチとは、話の中で笑いが起きるポイントのことを指します。

面白い話をする上で気を配るところですので、
面白い話をしようとすると多くの人はここで面白いネタが見つからず挫折してしまったり、人に伝わらない点をオチにしてしまい失敗してしまいます。

ですが、先ほど説明した「違和感・納得感理論」を理解していると、オチとなるネタは簡単に見つかるのです。

人は違和感や納得感に笑うため、面白いことを探すのではなく、
自分が違和感や納得感を感じること
を探せばいいのです。

日常生活の中や過去の経験を振り返り、何か違和感があったことや今考えるとどことなく納得できることを見つけることができれば、それがそのままオチに使えるのです。

このブログでは自分の違和感・納得感を元に、日々面白い話をつくる研究をしていますのでぜひ参考にしてください。

すべらない話を作る

話の構成を練る

面白い話のオチが決まったら、次はそれを面白く伝えるための構成を練る必要があります。
これも「違和感・納得感理論」が分かっていると構成は簡単に出来上がってきます。

「違和感・納得感理論」によると、
人が急激に違和感もしくは納得感を感じた時に笑ってしまう
というものですので、
いかに急激さを演出するかがポイントとなります。

そのためには「フリとオチ」というものが重要な概念になります。

オチが違和感のあるものであれば違和感を急激に感じさせるために納得感のある状況描写をフリとして用意し、オチが納得感なのであればいかに自分が違和感を感じていたかをフリにします。

シンプルにこれだけできれば面白い話は簡単に出来上がってくるのです。

納得感のある描写や違和感のある説明をいかにするかについては、他の記事でも様々取り上げていますので合わせてごらんください。

納得感の題名詞、あるあるを考える。

人オチで納得感を演出する

擬音で引き込む

そ例外にも話の構成を肉付けするテクニックは様々存在するので、合わせてごらんください。

面白い話をするためのテクニック集

「面白い」はモテる究極の方法

今回は「面白い話ができる」=「モテる」ということで、面白い話をするための方法論を整理しました。

しかしもう一段戻って考えると、
単に面白い話ができる・鉄板トークをいくつも持っているということだけではなく、
女性の天然ボケを面白おかしく突っ込めたり、
LINEの1文1文がおもしろおかしかったり、
何か出来事に対するリアクションが楽しいことなど、
これら全ての「面白さ」が全て「コミュ力」であり「モテる」につながるのです。

面白い話を作ることはもちろん、ボケツッコミの方法や大喜利・モノボケ・一発ギャグなどあらゆる笑いのポイントについても取り上げているので、ぜひ合わせてごらんください。

笑えるツッコミ10種類とは!?

あるあるの面白さとその方法

大喜利で笑いを取るために

もう無茶振りされても大丈夫。一発ギャグの作り方

面白くなる手っ取り早い方法は??

「結婚式のスピーチなど人前で話すタイミングで、どうにか笑いを取りたいけど面白い話がない・・・」
「イケメンでも高学歴でもないけど、面白い人とおもわれてモテたい!」

そんな願いを叶えるための、少しでも手っ取り早く面白く方法は

面白い人をよく見る・聞くこと

です!!

今ならYoutubeでも面白いトークができる「芸人さん」の動画を見ることができますが、多く動画が違法動画ですし、画質や音質が悪かったりまとまって見ることができません。

UNEXTはそんな面白い話を簡単に見れる・聞ける動画配信サービスで、今なら30日間無料で視聴することができます!

※30日内で満足したら、もちろん無料のまま解約することもできます!

ぜひこの機会に会員登録してみてください!!

U-NEXT
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告