amazon

面白く話すたった1つの方法

  • 友人同士の飲み会
  • 大事な商談
  • 異性を口説く時

シチュエーションは様々ですが、面白い話を1エピソードでも話せれば、そのあとの会話をとても順調に進めることができます。

芸人さんがテレビやラジオで話すような面白い話は、
必ずしも芸人さんの日常に「特別面白い事件」が起きているから
というわけではありません。

彼らは日常の出来事を面白く話すテクニックを上手に利用しているため、
聞き手が面白いと思ってしまっているのです。

ここでは芸人さんが意識している、面白く話すための1番重要な方法を説明したいと思います。

全ての笑いの基本原理とは?

一発ギャグ・ものまね・コントなどなど、面白い話だけではなく「笑い」にはさまざまな種類があります。
実はこれらに共通して考えられている「笑いの基本原理」というものが存在します。

それは、
違和感・納得感理論
というものです。

この「違和感・納得感理論」とは、
人が急激な違和感もしくは納得感を感じた時、必ず笑ってしまう
というものです。

皆さんも過去ついつい笑ってしまったことを思い出して見てください。そこには必ず、「え!なんでだよ!!」という違和感もしくは「おお!なるほど!!」という納得感が存在するはずです。

このような違和感か納得感をネタ中に”急激に”感じさせること。
これが笑いを取るために最も重要なポイントなのです。

「フリ」と「オチ」

さて違和感か納得感が笑いにとって重要であると説明しましたが、
「面白い話」をするにおいてもこの「違和感・納得感理論」は重要になってきます。

この違和感や納得感を「面白い話」の中で体現するために最も重要なポイントは、ズバリこの

「フリ」

「オチ」

です。

「オチ」という単語はみなさん聞き覚えがあるとは思いますが、いわゆる聞き手が笑うポイントで、エピソードの中で一番変わっていることやおかしなことが当てはまります。

一方「フリ」とは、エピソードの中で「オチ」に向かって行くまでの助走部分で、「オチ」とは異なり聞き手の想像が及ぶ範囲のことや、状況の説明などが当てはまります。

面白い話を話すためには、

「オチ」と「フリ」を正しく準備することが最も重要です!!

「オチ」を用意する方法

面白い話を用意しようとすると、まずこのオチが見つからないと思う方が多いと思います。

確かに前述のとおり、エピソードの中で一番変わっていることやおかしなことが「オチ」となるので、「オチ」のある話をするためには変わっていることやおかしなことに気づかないといけません。

これは確かにその通りで、基本的には

日常的に新しい経験を積み、観察眼を鍛えること

が重要です。

新しい経験を積むことで、変わっていることは当然起こりやすくなりますし、それだけでなく、ある状況を1方向からではなく様々な角度で見れる観察眼があると「あれ、これ変だな」と思えるようになる、結果的に「オチ」を作ることができます。

と、ここまでは純粋に面白いオチを用意するために必要なことを書きましたが、
実は特段変わったオチがなくても話を面白くすることができます!

正しく「フリ」を用意する

前述のとおり新しい経験を積みながら観察眼を鍛えると、「オチ」は自然と見つかり、そのエピソードは自然と面白い話になります。
しかし、そんな鉄板になる「オチ」はなかなか見つかりません。

そこで重要なのは、

「オチ」を変わったことに見せる、「フリ」を用意する

ということです。

エピソードの助走となる「フリ」部分をコントロールすることで、「オチ」が自然と際立ち、実は日常の出来事でも面白い話のように見せることができるのです。

「フリ」と「オチ」で面白く話す

例えば、

「財布を家に忘れた」

という事件?が起きたとします。
あまりにも日常的な話なので、これをそのまま他者に話しても絶対にウケないでしょう。

しかし、「財布を家に忘れた」というオチを面白くするフリを作ることで、このエピソードは急に面白い話へと変化します。

面白くするフリの例

シンプルに「忘れた」というところにフォーカスしてみましょう。「忘れた」ということを変わったことにするためには、「普通は忘れないだろう」という状況を用意する必要があります。

例えば

  • 前日から楽しみにしていたイベントがあったのに、「忘れた」
  • 寝坊しかけて急いで準備したら、「忘れた」
  • 同僚がよく忘れているのを普段からめちゃくちゃいじってたのに、「忘れた」

などです。
上記の赤字部分が「フリ」にあたります。この「フリ」を十分に膨らます、つまり、

「普通は忘れないだろ」

という感情を聞き手に際立たせることができたら、「財布を忘れた」というシンプルな「オチ」を面白くすることができます。

上の例で言えば、「どれだけイベントが楽しみだったか?」「寝坊してはいけない用事とはなにか?どれだけ重要か?」「どのようにいじっていたか?」を膨らませて行くと自然と面白くなります。
(この膨らませる部分は文脈に合わせて多少事実を盛ってしても、不自然じゃない話にできます)

面白くしてみた

課長と客先に訪問行くことになったんだけど、課長のトイレが長かったせいでちょっと遅刻しかけてて。電車乗って最寄り駅についたときにはもうギリギリで小走りで向かうことになったんだけど、なんか課長が改札のとこでわちゃわちゃやってんの。

「早くしろよ・・・」と思ってたら、どうやらSuicaのチャージが切れてたらしく、「急いでチャージしてください」とか言ってたら、課長がまさかの財布を会社に忘れてやがってて。

もうそのまま改札内において先行ったよね。

まとめ

多少は面白くなったかと思います。

ここでは、「フリ」と「オチ」について説明しました。

普通の「オチ」を盛り上げる、十分な「フリ」を用意することで意外と簡単に面白い話を作ることができます。

ぜひ試してみてください。

amazon

もっと詳しく知りたい方へ!

「結婚式のスピーチなど人前で話すタイミングで、どうにか笑いを取りたいけど面白い話がない・・・」
「イケメンでも高学歴でもないけど、面白い人とおもわれてモテたい!」

そんなあなた!
このサイトでは勉強熱心な東大生が面白くなる方法について本気で研究しています。

今なら無料で全ての研究成果を見ることができます!!

あなたも必ず面白くなれる!面白い話・面白くなる方法の最新研究結果!

「オモシロ」を一緒に考えます!!

2017年12月まで期間限定無料相談を実施中です!!

「自分の鉄板トークがほしい!!」
「結婚式のスピーチで笑いをとりたい!!」
「面接や自己紹介をうまく乗り切りたい!!」

という方は是非お気軽に以下のフォームからご応募ください。

※日程や場所についてはご相談させてください。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告