amazon

【面白い話(希望)】YAZAWA

このブログでは、
面白い話やボケなど平場でウケを取るための方法論的な記事と、
単に自分の練習のために面白い話っぽいものを書く記事の2本を毎日書いているのですが、
一向に記事を書くペースが上がりません。

単にネタ切れが近いのか、「面白い」というのがそれだけ奥深いということなのか。

YAZAWA

矢沢永吉のことは多くの方が名前と顔をご存知かと思う。
自分ももちろん知っていましたが、どこで知ったのか正直わからない。

Mステにも出ないし別に回りで聞いている人がいるわけでもない。

そんな時友人から
「矢沢のライブ行かない?」
と誘われました。

経緯としては親がチケットを4枚取ってしまった。
両親と友人で3枚使うが1枚余ってしまう。
だから一緒に行かないか?

ということらしい。

どうやら矢沢永吉とは今の50代前後のカリスマだったらしい。
だから友人の両親は昔からの大ファンで、ぜひ見て欲しいということでチケットを買ったようだ。

自分も友人も全く矢沢を知らないのだが、せっかくだからと誘いに乗ることにした。

当日武道館につくと、驚愕の風景だった。

普段は閑散としている武道館周辺がまるでハチ公前交差点を思わすほどの混雑。

そして恐ろしいのはそこに集まるのは若者ではなく、40~50代のおっさんたちだった。

渋谷の混雑とかをバカにするおじさんが良くいるが、お前らもじゃねえかと

そして何人ものおっさんが、上下白の服をきてバスタオルを首から下げている。(おそらく矢沢のコスプレ)

まるで30年後のハロウィン@渋谷だ。

正直自分の父親がこの空間にいたら引く。

申し訳なけど引く。

いい歳してこんなに騒ぐか?っていうくらいおじさんたちが盛り上がっている。

武道館に入ってライブが始まった。

70歳近くにして圧倒的な歌唱力。
知っている曲はなかったけど、上手さは十分に伝わってくる。

そして心を奪われる語り。
若かりし頃の苦悩や努力、奇跡。

ライブが終わったあとの帰り道。友人とこう話した。

「BIGになろうぜ」

「だな」

永ちゃん最高だぜ。

amazon

もっと詳しく知りたい方へ!

「結婚式のスピーチなど人前で話すタイミングで、どうにか笑いを取りたいけど面白い話がない・・・」
「イケメンでも高学歴でもないけど、面白い人とおもわれてモテたい!」

そんなあなた!
このサイトでは勉強熱心な東大生が面白くなる方法について本気で研究しています。

今なら無料で全ての研究成果を見ることができます!!

あなたも必ず面白くなれる!面白い話・面白くなる方法の最新研究結果!

「オモシロ」を一緒に考えます!!

2017年12月まで期間限定無料相談を実施中です!!

「自分の鉄板トークがほしい!!」
「結婚式のスピーチで笑いをとりたい!!」
「面接や自己紹介をうまく乗り切りたい!!」

という方は是非お気軽に以下のフォームからご応募ください。

※日程や場所についてはご相談させてください。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告